英会話は勉強ではない

英会話は勉強と捉えるより人とのコミュニケーションのツールと考えた方が良いと思います。英語を話せる事により世界に友達ができるわけです。楽しいですね。日本人の感覚から言いますと英語を話す上できちっと文法通り話せていないといけないとか自分の発音では通じないのではないかと危惧してしまいがちです。しかしながら世界中の英語を話せる人が文法通りで話しているかといえばそうではありません。流暢に話しているように聞こえても実際は単語の羅列だったということもよくあります。通じればいいのです。日本人はとても難しく英語を考えがちです。テスト社会で育ってきたから、正解でないといけないと勘違いをしてしまいます。ところが、国語のこたえを書くときに、「私はそうおもった」とかいても、「私がそう思った」とかいても間違いにならないように、英語も言語ですので、確実にこれが正解だということはありません。実際に私が、セブ島へ短期の留学をしていたときに感じたのは、先生でも人によって使っている英語が違うな。ということでした。正直三人称単数なんて無視しているひとばかりです。

日本人は四角四面に考えすぎですし英語教育においてスピーキングというアウトプットの

練習をしてこなかった為に外国の方と話をするときに躊躇してしまいます。

しかし外国の方は表現豊かですのでとにかく日本人も知っている単語を並べてどんどん話すべきです。最初は身振り手振りを交えてもいいかもしれません。最近では外国の方も沢山日本にお見えになります。 道や駅で困っている外国人の方がいたら教えてあげられる位の英会話力が付くといいですね。

カナダへの留学について。